トリプルビー(BBB)ダイエットサプリ|授乳中や産後に使っても問題なし!

トリプルビー

 

トリプルビー(BBB)は授乳中や産後ダイエットに使っても大丈夫?

 

トリプルビー(BBB)はダイエットと筋肉増強のためのサプリメントです。

 

産後や授乳中にダイエットとして服用しても問題がないのか調べてみました。

 

トリプルビー(BBB)は妊娠中・授乳中には栄養補給にもつながる成分が配合されている

トリプルビー(BBB)はダイエットと筋力アップを目的としたサプリメントです。

 

筋肉をつけるサポートとなるHMBクレアチンはもちろん他にも多くのボディメイクのための成分が配合
されています。

 

また、女性にとっても嬉しい美容成分

 

・イソフラボン
・葉酸
・コエンザイムQ10

 

なども配合されています。

 

また、女性の健康のためにビタミン類も以下のようにたくさん含まれています。

 

・ビタミンB1 炭水化物からのエネルギーの産出と皮膚や粘膜の健康維持をサポート
・ビタミンB2 皮膚や粘膜の健康維持をサポート
・ビタミンB6 タンパク質からのエネルギー産出と皮膚や粘膜の健康維持をサポート
・ビタミンC  皮膚や粘膜の健康維持をサポートし抗酸化作用を持つ
・ビタミンD 腸管のカルシウムの吸収を促進し、骨の形成をサポート
・葉酸    赤血球の形成と胎児の正常な発育をサポート

 

授乳期にトリプルビー(BBB)を飲む時には、減量を目的とせず、栄養を補給を目的として摂取を続けるのが望ましいですね。

 

過度な運動は控えて、しっかり3度の食事も取りましょう。

トリプルビー(BBB)の成分の中でロイシンは授乳中の摂取には注意が必要

トリプルビー(BBB)は、基本的に授乳期、産後に服用しても問題はありません。

 

トリプルビー(BBB)

 

ただし、1日1袋を守って摂取しましょう。

 

理由としては、授乳中などはホルモンバランスが大きく変化し、体質が変わるときでもあるからです。

 

そして、一番影響を受けるのが、トリプルビー(BBB)の成分の中に含まれるロイシンです。

 

 

全成分表記

 

クレアチンモノハイドレート、HMBカルシウム、コエンザイムQ10、αリポ酸、L-カルニチンフマル酸塩、L-オルニチン塩酸塩、大豆抽出物(イソフラボン含有)、黒胡椒抽出物、イナゴ豆抽出物、デキストリン、チキンエキス、ブラックジンジャー抽出物、フィッシュコラーゲン(ゼラチンを含む)、エラスチン(魚由来)、豚胎盤抽出物/トレハロース、ビタミンC、クエン酸、香料、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)、L-ロイシン、L-バリン、L-イソロイシン、L-リジン塩酸塩、L-メチオニン、L-フェニルアラニン、L-トレオニン、L-ヒスチジン、L-トリプトファン、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB1、ビタミンD、L-アルギニン、葉酸、シクロデキストリン、ヒアルロン酸、ビタミンE、ナイアシン、パントテン酸カルシウム、ビタミンA、ビタミンB12


引用:アスクレピオス製薬株式会社のホームページより引用

 

ロイシンを過剰に摂取すると哺乳開始後数日で哺乳力の低下や、機嫌が悪い、元気がない、嘔吐などの症状が表れる可能性があります。

 

こんな状態になるのはよほどの大量摂取ではおこりませんので、1日1包までであればまったく問題ありません。

まとめ

授乳期は産後の期間のトリプルビー(BBB)の摂取においては、過度の減量は控えて栄養補給を目的とした摂取をしましょう。

 

授乳期や産後すぐの過度なファスティング(減量)などには、トリプルビー(BBB)は使わないようしましょう。

 

トリプルビーの最安値、口コミ、効果、成分など、基本的な情報を知りたい方は、トップページから詳細を確認してください。

トリプルビートップへ